口座残高はクレジット審査に影響あるのか?

クレジットカード審査の段階で銀行の口座残高を調べられるという話を耳にすることがありますが、これは本当なのでしょうか?銀行の口座残高が少ないとクレジットカード審査は不利になるのでしょうか?
また、クレジットカード審査では、何が重要視されるのでしょうか?

クレジット審査で口座の残高を調べることはありません

クレジットカード審査をする際に信用情報機関に過去の金融取引状況などを照会するのは良く知られています。しかし信用情報機関に登録されているデータは過去の金融取引情報ですので、その人が現時点でどの銀行の口座にいくらの残高を持っているのかまで調べることはできません。

もちろん、クレジットカード会社が銀行に問い合わせをして、「今○○様のクレジットカード審査をしているのですが、そちらの口座に○○様の残高はどれくらいありますか?」という質問をすることも100%ありえません。

つまり銀行の口座残高とクレジットカード審査は一切無関係であることがお解かり頂けたと思います。

最後にちょっと余談ですが、たとえ銀行の口座に1千万円持っているよりも、毎月安定してお給料が50万円ある人のほうがクレジットカード審査では優遇される傾向にあることを覚えておきましょう。
クレジットカード審査では個人の財産も審査の対象になることはありますが、それよりも現時点でどれくらい安定した収入を得ているのか?という点がもっとも重要視されるのです。